大盛況の H28年 刀剣初心者講座開催

今名古屋支部開催の刀剣初心者講座、定期的に開催されるように
なって4年目、今年も例年通り6月25日、7月23日、8月27日 の毎月
 第4土曜日13時〜16時までの3時間 3日間をセットとして、御器所
コミニュティセンターにて、開催されました。
 毎年1回 3か月にわたる初心者講座を開催して最初の2年間 受
講者は大体7〜8名程 男性の高齢者がほとんどで、講座を卒業し
てから支部入会者は1名から2名程度。講座開催の労力に対し、入
会者の少なさに、講座を継続する意欲の低下を感じましたが、高齢
化・減少化してきている会員(仲間)を増やしていく特効薬はなく、前
向きにひとつひとつの行事を地道に続けて行く事が必要、と気持ち
を入れ替え実施してます。
その恩恵か?昨年は、ご承知のようにオンラインゲーム「刀剣乱舞」
等の影響による刀剣女子なる20歳から30歳代の女性を中心に30名
ほどの受講者があり、講座を卒業してから支部入会者は8名にもな
り、毎月の鑑賞会はとても華やかになりました。
昨年講座終了後の対応として、新人会員に積極的に声をかけたり、
鑑賞会後半に新人会員を集め、別の場所で先輩会員より、本日の
鑑賞刀の見どころ、入札の仕方などを解説したりして、新入会員を
孤立させず、いつまでも興味を持って、鑑識眼の向上を図って行け
るよう改善した成果だと思います。
 さて今年も初心者講座 受講者募集の時期になり、果たして昨年
のように受講希望者が多く集まるのか? 不安でしたが、4月23日
から6月12日まで名古屋城で開催された刀剣展示会「尾張に伝わ
る刀剣」に於いて、毎土・日・祝の休日 支部会員が交代で「質問
コーナー」に詰め、来場者の疑問・質問に答えていましたが、多くの
来城者の方々を見聞きしている中で、まだまだ若い熱心な女性の
方々も多く、今年の初心者講座も盛況になることを確信しました。
 受講者の募集が始まると、案の定50名近くの申し込みがあり、講
習会場に入るのか?心配もあり、会場に椅子を並べ収容人数を確
認したほどでした。
 講座の内容については、例年使用している名古屋支部作成のテ
キスト「初心者の鑑定手引き」を中心に、補足写真のコピーを多め
に使用して、ビジアル的に見やすく、解り易く進められました。 ま
た、日本刀鑑賞マナー講座の後、講義テーマに合わせた鑑賞刀を
毎回用意し、「日本刀の美しさを実感」していただく為に、鑑賞時間
を多めに取ったり、刀剣乱舞にからめて「名物刀剣の資料と解説」
を加えたりして、より身近に、興味を持っていただけるよう工夫しま
した。刀剣に興味を持つきっかけは人それぞれで、展示会の刀剣
の美しさに魅かれたり、祖先が残された刀に興味を持ったり、ゲー
ムであったり、そのきっかけは何であれ、1人でもより多くの方に興
味を持ってもらい、出来れば鑑賞会などに参加して、見ること、人と
話すこと、知ることにより更に深く踏み入れて刀剣界の底辺が広が
る事を期待したいと思います。講座終了時に行ったアンケート(アン
ケート内容はホームページ参照)から、9月及び10月の名古屋支部
鑑賞会に参加していただけそうな方が14名程みえ、いささか混雑す
ることを心配しつつ、また名古屋支部の今後について楽しみになっ
てきました。

                            名古屋支部  森 雅夫


上へ戻る


Copyright(c) 日本美術刀剣保存協会 名古屋支部 All rights reserved.