研修旅行2014年

  岐阜羽島日帰り研修旅行

 平成26年 11月3日(日)文化の日に、第11回 東海地区大会が岐
阜県支部主催、三重県支部共催で羽島市文化センターにて開催され
ました。参加者は東海4県中心に、東京・富山・岡山・大分・長崎など
全国の各支部から約150名位の方が参加され、我 名古屋支部から
は招待客も含め27名の方が各自家用車に分乗して参加しました。
会場の羽島市文化センターは、東海道新幹線 岐阜羽島駅から車で
5分と交通の便もよく羽島市の文化活動の中核施設として平成10年
開館され欧州風の建物の中は、コンサートホールや大小の会議室が
整っており、敷地内の駐車場も広く、大変立派な施設でコンサートや
文化講座など各イベントが開催されており、今回の地区大会の開催
場所としてはふさわしい所でありました。
 午前10時を過ぎるころには大会
受付のある4Fは各支部からの出
席者であふれて10時30分から4F
で刀剣鑑賞会、3Fで1本入札鑑定
が開始されました。展示鑑賞刀は、
重美2口、特重2口、重刀29口、そ
の他23口(現代作家11口)、と刀
装具も多く出品されていました。

 まず今回の展示方法で特に目を惹いたのは、岐阜県の現代刀工の
作品が順路の最初に展示してあり、その後で古刀期の作品が展示し
てありました。従来の展示方法ですと時代順に古刀、新刀、新々刀、
現代刀と展示されており、だんだん後のほうになりますと疲れて、しっ
かりと見ることが出来なくなってしまうのが常ですが、刀剣の町「関」と
いう場所柄とか、刀剣文化の保護・伝承するという意味において、新し
い試みとして良かったと思います。展示場内は普段なかなか見ること
が出来ない数々の名刀が展示されており、皆さん熱心に鑑賞されて
いました。現代刀匠の作品においては3口ぐらい映りが出ている刀が
あり、最近は映りも意識してある程度出せるようになったようで、将来
どこまで古刀に迫れるか?楽しみです。
 鑑賞は1分30秒のタイマーで順次鑑賞して行きます。この方法は参
加者皆公平で整然と進みますが、混雑の為待ち時間を含めると一通
り見るのにかなりの時間を要しました。
 3Fの鑑定入札会場には、鑑定入札刀と刀装具の展示があり、こち
らにも常時30人位の人が鑑定入札と鑑賞をしてみえました。中には
鑑賞に時間を費やし過ぎ、鑑定入札の時間が少なくあわてて鑑定入
札して見える方も居られ、事前に自分で「鑑賞」「鑑定入札」「昼食」の
時間配分を上手にしておく必要があると感じました。
 3時からは4Fの鑑賞会場の隣にて式典が開催されました。壇上
の来賓席には、本部から小野会長、石井学芸員、そして静岡東部
支部(杉山支部長)・静岡県支部(海野支部長)・三河支部(加藤支
部長)・名古屋支部(加藤支部長)・三重支部(早川支部長)・岐阜
支部長(近藤支部長)と東海4県の各支部長が着席され、始めに主
催の近藤岐阜県支部長から開会の挨拶があり、そして協会本部
小野会長からは、地元刀に対する思い(地元刀をもっと評価し、良
いものを後世に残し行くようにしてほしい)や、協会の最近の動向
(新刀剣博物館の建設・三笠宮彬子様名誉会員就任・各地区大会
の開催予定)の話がありました。
 次に1本鑑定入札の解答と解説、そして結果発表を本部 石井学
芸員からありました。鑑定刀の個銘と鑑定入札結果は敬称略の以
下でした。
 1号刀(刀)村正
 2号刀(刀)肥前正廣
 3号刀(刀)備中 片山一文字
    真利(薙刀直し)
 4号刀(刀)堀川広実
 5号刀(刀)尻懸 則長
天 位 :宮野 貞司(東京)
地 位 :真木 堂智(岡山)、
     八木 豊(静岡)
努力賞:加藤 敏夫(名古屋)、
     松本 慎一(名古屋)
その他支部5名(敬称略)
 午後4時、式典も無事終了し、第11回 東海地区大会は閉幕されま
した。最後にこの大会の開催に向あたり、岐阜県支部・三重県支部の
会員の方々のご苦労に感謝と御礼を申し上げます。
                        日刀保 名古屋支部  森 雅夫
上へ戻る

Copyright(c)財団法人 日本美術刀剣保存協会 名古屋支部 All rights reserved.