会員の研究
   第1報 『古代刀の「研磨刀剣」と日本刀について』
        その1
                           牧野 克昭
◆近年になって日本刀の研師により一部研ぎの可能な古代刀が研が
 れ、綺麗な地肌と刃文が見られるようになり、日本刀と古代刀を比較
 することが可能となった。このことから日本刀の「古刀の五箇伝」が、
 なぜ存在するのかということを、古墳時代(5〜7世紀)の直刀と比較
 して考えたい。(ただし、古墳の築造時期と副葬品の直刀の製作時期
 がずれることはある程度考えられる)

・「5世紀後半頃」
 奈良県石上神宮の鉄大刀 ☆1
 地肌は、大杢目肌が入り柔らか味がある。焼入れはなく刃文はまった
 く見られない。自然放冷と思われる。純度の高い良質の鋼でできてい
 ることが判明している。

 全長102p、刃長82.2p、茎長19.8p
                                            
・「5世紀後半頃」
 神奈川県御領原古墳の鉄大刀 ☆1
 地肌は、全体に小杢目肌が入り、鋒の刃文は小沸が付き大丸に焼き
 込む。

 全長90.2p、刃長83.5p、茎長6.7p欠
                              
・「6世紀前半頃」
 宮崎県小林市大萩地下式横穴墓群
 地下式横穴墓から出土する鉄刀剣は、錆に覆われているが錆の中の
 鉄の残存状態が良いものが多い。平造り、切刃造り共に地肌は全体
 的に大小の板目があらわれ、地鉄はねっとりして柔らかく肌立たたない。
 刃文は、細直刃で刃縁に小沸付き沈みごころとなる。
 切刃造りの倭風大刀には、5世紀後半から6世紀頃に朝鮮半島より舶
 載された円頭大刀や環頭大刀の刀身と同様な切刃造りがみられ、渡来
 の技術を取入れて造られたもので、他の地域において同じような倭風
 大刀は見られない。刀身の刃の部分は折返し鍛錬による幾層もの柾目
 肌が見られ地刃ともに地肌が美しい。
                      平造り大刀
  
                        切刃造り大刀
   
             平造り大刀                      切刃造り大刀
            宮崎県西都市歴史民族資料館展示
  
  参考日本刀:太刀(重要文化財) 豊後国行平作(鎌倉時代前期)☆2
・「6世紀前半頃」
 埼玉県城戸野古墳の鉄大刀 ☆1
 地肌は、全体的に柾目に流れ、その間に密集した地沸と地景がある。
 刀身の刃文は、互の目を交えのたれ乱れになり、腰元まで延びて焼落し
 となる。鋒の刃文は、大丸に返り深く焼き込む。




   
        全長87.8p、刃長72.2p、茎長15.6p

  
  参考日本刀:短刀(国宝) 大和国保昌貞吉(鎌倉時代末期)  ☆2
・「6世紀前半頃」  ☆1
 埼玉県行田市埼玉将軍山古墳の鉄大刀
 地肌は、全体に大板目に板目と杢目肌が入り肌立つ。刀身の刃文は、
 のたれに互の目が交じり、沸深く荒沸つく。鋒の刃文は、のたれ込み
 小丸に浅く返る。刀身の部分の鎬造りは最古級である。




             
      全長99.8p、刃長80.7p、茎長19.1p

         
          参考日本刀:短刀 志津兼氏(南北朝時代初期)  ☆3
・「6世紀後半頃」
 群馬県前橋市総社町愛宕山古墳の鉄大刀
 地肌は、全体に大板目肌で、板目の間に地景が入り肌立ち映り立つ。
 刀身の刃文は大小のたれが交じり、沸深く荒沸つき刃中に稲妻や金筋
 が入る。鋒の刃文は、乱れ込み尖りごころに浅く返る。

 

      

         全長69.4p、刃長60.2p、茎長9.2p

       

   参考日本刀:太刀(重要文化財)相州正宗(鎌倉時代末期) ☆3

次頁その2に続く  
上へ戻る

Copyright(c) 日本美術刀剣保存協会 名古屋支部 All rights reserved.