会員の自慢話 第7話 『刀剣と壊(ふところ)話』




 今回の第七話は『刀剣と懐話(ふところばなし)』
と題して、岐阜県安八郡安八町にお住まいの
伊藤一成さんにご執筆いただきました。

内容に関するお問い合わせは直接下記、連絡先
までお願いします。

  【連絡先】
   〒 503−0112
  TEL 0584−62−5724
  FAX 0584−62−5850
  携帯 090−7044−8729
 私が刀剣と出会ったのは、垂井町在住の石黒氏に、ご自宅で
自慢の愛刀「藤四郎長道」を拝見、拝聴させていただいた時だっ
た。その時、私の中で大きく膨れ上がった感動は今も忘れていな
い。
 その頃27歳の私は曲がりなりにも鉄工所の経営者だった。若
さはあらゆる所で情熱を発揮した。特許を取得し、大手スポーツ
メーカーの部品製造と相併せ、日夜仕事に打ち込んだものでした。
ありがたい事に時代もそう言った経営と生き方を、寛容に受け入
れ随分景気のいい思いをさせてもらいました。
 「藤四郎長道」との出会い以来すっかり刀剣に魅了された私は
刀剣価格が書き込まれている本を読みあさり、ある程度習得で
きたと思い込んだ慢心から近所の刀剣ブローカー数人から三百
振り近くを買い上げた。ところが、その刀剣をあちらこちらの丸特
審査会に鑑定依頼した結果、なんとほとんどが偽物だった。体よ
く言えば見る目が無かった。ハッキリ言えばだまされたのである。
 みじめさが心の底からこみ上げてきた。刀剣の道をあきらめ、
その他に自分の人生を賭けて悔いの無いものは無いかと、考え
たもののやはりあきらめきれず・・・。「だったら刀剣について自分
なりの道を究めてみよう。」と腹が据わった。
 それから、時間の許す限り色々な場所で開かれる勉強会に足
を運んだ。その中で私は貪欲なまでに学び習得していった。
 
やがて現代刀か
ら古刀に至る刀
剣を自分の目利
きで収集して行っ
たのである。
類は友を呼ぶと
言うか、面白い
程色々な名刀が
現れ私は思いの
ままに迷う事も
なく掌中に収め
ていった。
 そんな中、刀もさることながら短刀に魅了される自分自身を発見し
た。刀に心配りをしながら短刀収集にも力を入れ、結果名だたる短
刀を拾五〜六振り保持することができた。その中には自信と言うか、
自慢と言う方が適切だと思うが名門浅野家伝来、鎌倉時代の「左」
は私自身、心底惚れ込んだ代物である。

 また、この頃手に入れ
た古一文字は上野の戦
いで彰義隊の隊長が愛
用していたと言う刀で、
砥師 本阿弥平十郎成重
から宮内庁の砥師 井上
行造氏が譲り受け、後代
井上氏が手離したものを
掌中に収める事ができた。
 その他に関西きっての刀剣収集家 河瀬虎三郎氏の収集物だ
ったものを五〜六振り、同様大切に保持している。どの刀剣もわ
が身同然のようなものだ。
 私は十五年ほど前から近所で、刀剣研究会の講師を務めてい
る。歳月をかけた私の体験と経験は、力をつけた教え人となりそ
のまま現在に至っている。
 数々の喜怒哀楽は有ったものの、ドッコイ生きているんだと開き
直りながらも道楽と言う一本道を歩き続けている。
 つくづくありがたい事だと心底思う今日この頃である。
名古屋支部 伊藤 一成
上へ戻る


Copyright(c)財団法人 日本美術刀剣保存協会 名古屋支部 All rights reserved.