会員の広場
9月の鑑賞会は10日(日)名古屋市生涯学習センターにおいて、
 東京から 藤代 興里 先生にお越しいただき開催しました。
 
詳しくは
『9月刀剣鑑賞会』をご覧下さい。 
・平成29年度の研修バス旅行
 8月27日(日)昨年に引き続き 富山・秋水美術館
     『空前絶後の刀剣展』
  「重要美術品」に認定されている日本刀のみ約六十振りを
  一堂に会して開催されました。


名古屋支部 臨時役員会開催
 去る10月7日土曜日に臨時の役員会が開催されました。
議題:第12回 東海4県地方大会について
10月29日(日)熱田神宮での開催準備について打
ち合わせました。前日は16時より有志を募って会
場の設営に当たる。
当日は8時を目処に集合し、名古屋支部会員、約
60名はA、B、Cの三班に別れ、夫々の役割を分担
し、会場内では本部、受付、場内アナウンス、屋外
では駐車場、会場への案内、本殿参拝誘導等を実
施する事とした。


名古屋支部 会員限定 日帰りバス旅行開催
 『大人の社会科見学 現地ガイド付き!竹中半兵衛陣屋敷跡
 関鍛冶伝承館 日本刀鍛錬見学と名刀「三条宗近」一般公開
 クラブツーリズム蒲lのご好意で一般の方と同情ですが16席
 確保することができました。関心の ある方、勉強して見たい方
 は、このホームページ内にある「お問い合わせ」メールで@氏名
  A読み方 B性別 C住所 D当日連絡が取れる電話番号をお
 知らせください。  ※友人の方とご一緒でも構いません。
 先着準、席が埋まり次第終了です!
 締め切りは10月23日10:00まで、以降のキャンセル料は100%
 となります。

 クラブツーリズムバスツアー <コース番号:76595>
 旅行代金 : 8,980円+120円(事務手数料)=9,000円です。
 【名古屋駅出発】
 名古屋駅(10:00出発)--南宮大社(名刀「三条宗近」公開)--竹中
 氏陣屋跡--禅幢寺(竹中半兵衛菩提寺)--藤原兼房工房(日本刀
 鍛錬見学)--関鍛冶伝承館(見学)--関(買い物)---名古屋駅
 (18:10予定)




【平成29年度名古屋支部事業概要】
・名古屋城刀剣展示は4月15日(土)〜6月4日(日)まで開催しました。

・初心者講座 本年は第一回6月24日(土)第二回7月22日(土)
 
第三回8月26日(土)の3回に分けて開催し、無事終了しました。
  平成29年初心者講座 まとめ

・平成29年度の研修旅行「富山・秋水美術館」 8月27日(日)
 に無事終了しました。

東海四県地方大会を10月29日(日)熱田神宮で開催します。
 詳細は「刀剣美術」8月号 9月号掲載を参照
 参加資格は日本刀剣美術保存協会会員で先着150名、申込み
 
は各所属支部を通して名古屋支部宛てとなります。一般の方、
 個人(会員でも)での参加はできません。

【名古屋支部公式通知】
第12回 東海4県地方大会
日 時   平成29年10月29日(日)
鑑賞時間  午前10時〜午後2時
場 所   名古屋市熱田区神宮1丁目1−1
熱田神宮 宝物館 講堂
п@052−671−0852
会 費   ¥4,000.
人 員   先着 150名
◎ 各支部を通じ下記まで申し込み下さい。
〒466-0031  名古屋市昭和区紅梅町2-15
日本美術刀剣保存協会 名古屋支部  
052-852-6278   Fax 052-852-3070

※名古屋支部会員の方で参加される方は前日の会場作りと、当日
 の役割分担を決め手下りますのでご協力をお願いします。

名古屋城情報
  「動画で名古屋の情報発信をしている、Network2010という
 団体があり、名古屋城の展示などもよく紹介されてています。
 平成28年度の刀剣展示会期中に、加藤支部長がインタビュー
 され、日本刀の魅力を語っておられます。
 下記のアドレスから、閲覧下さい。
   http://network2010.org/article/1945
 刀剣展示の様子などもきれいに撮っていただいています。」


名古屋城刀剣展示会開催報告


毎年恒例となりました名古屋城での刀剣展示会も、今年で六回
目となりました。今年も『尾張に伝わる刀剣』と銘打ち、尾張地方
で受け継がれてきた数々の名刀を展示しました。
 名古屋城大天守は徳川家康が天下普請によって1612年(慶
長十七年)までに完成させましたが、昭和二十年の空襲で焼失し、
戦後は鉄筋コンクリート製で再建されました。現在は再建から半
世紀が経ち、老朽化や耐震性などの問題で天守閣の木造復元
計画が名古屋市で進められています。
現在の予定では、今年十一月より天守閣への立入りを制限して
調査を重ね、平成三十四年十二月の竣工が予定されています。
よって毎年恒例の刀剣展示会も、今年が大天守で行う最後とな
りそうです。
 さて刀剣展ですが、今年も名古屋城天守閣一階の展示場で、
四月十五日から六月四日まで開催されました。今年も、展示され
た刀剣は、いずれも会員ご所有の自慢の名刀で、いずれも見事
な拵と共に展示されました。ゴールデンウィークを挟んだ展示会
期間中には例年同様多くの観光客が来場され、名古屋城の調べ
ではこの期間中に、二十九万人弱の方が来場されたとのことで、
多くの方に展示会を観賞して頂けたものと思っています。
 今年も土日祝の休日には質問コーナーを会場に設けて会員が
交代で詰め、多くの方とのお話ができました。また今年は「日本
刀観賞の手引き」の英語版を来訪者に配布したところ、海外の方
には評判でした。
そして相変わらず熱心に刀剣に見入る若い女性の方も来場され、
刀剣女子ブームがまだ続いていると感じました。
 来年は名古屋城での開催ができるかどうかわかりませんが、こ
のような刀剣に興味を深めていただく機会を設けられるよう、会員
一同今後も努力して行きたいと思います。
                        名古屋支部 野村 泰久


◎入門書紹介
【初心者の方への書籍紹介】
初心者講座参加者の皆さんから要望の多かった「あまり専門的
ではない、市販されている入門書的な本を紹介して欲しい。」と
言う要望にお答えして書籍を紹介させていただいております。
初心者の方に参考になればと思います。
                        名古屋支部 野村 泰久


◎No又はタイトルをクリックして下さい。
  No  タイトル
第一冊 柴田光男の刀剣ハンドブック(改訂新版)
第二冊 カラーブックス刀剣
第三冊 歴史群像シリーズ特別編集
    「図説 日本刀大全」
第四冊 ビジュアル図鑑シリーズ_日本刀入門
第五冊 日本刀_妖しい魅力にハマる本
第六冊 名刀_その由来と伝説
第七冊 別冊宝島_日本刀の本
研究論文 第一報
 
古代刀の研磨の研究者 牧野 克昭
会員の成果を執筆いただき
 ました。


  研究テーマ 古代刀の「研磨刀剣」と日本刀について

研究論文 第二報
  研究テーマ 国内で最古の「柄間鮫皮(さめがわ)巻」
           銀装円頭大刀について

・会員の自慢話第十五話は、林 茂一 会員が執筆された
      『人々の縁と刀剣』です。ぜひご覧ください。
 ここからお入り下さい!

・リンク先のお知らせ
 名古屋支部と関係あるホームページをリンクしております。
   
『リンク』 からお訪ね下さい!

・ご連絡: ホームページ掲載するため、会員各位の自慢話、
 研究論文を募集しております。ふるってご応募ください。
・当ホームページに関するご意見・ご質問は、こちら
 よりお願いします。
 
メールを送信される方はクリックしてください!      
上へ戻る

Copyright(c) 日本美術刀剣保存協会 名古屋支部 All rights reserved.